PARANOMAD TEXTILE

パラノマドは「織物は彫刻」という発想をコンセプトに、カーテンを始めとしたテキスタイルを制作しています

 

経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が交差するさま・その空間の美しさ・織機の立体的な機構

 

織物を知れば知るほど1枚に織り上げられた彫刻だと感じます

 

お客さまの暮らしの風景や好きなものから図案を起こし

 

仕上がりの陰影と質感・色や空間の響き合いまでをデザイン

 

世界に1枚のフルオーダーテキスタイル「ひときれ」をお届けします

フルオーダーテキスタイルはお客さまと織りなす物語

 

打ち合わせから試作・制作現場・時には織機の音も

 

オーダーが形になっていく楽しさを綴っています

REPORTAGE

織物にまつわる出来事をブログ「つづる織」から発信しています

 

きっかけは与謝野町若手織物職人が立ち上げたプロジェクト「ひらく織」

 

全国の織物産地を訪ねて繊維産業の可能性を探求する取り組みです

 

ウェブサイトのレポートを担当しライターとして活動を開始

 

そこに載せきれない会話と熱量がもうひとつのルポルタージュ「つづる織」を生み出しました

VISIT PROGRAM

与謝野に移住して知った豊かな暮らし

 

それは美しい田んぼや鏡のように静かな阿蘇海を眺めること

 

とびきり美味しいお米に新鮮な野菜やお魚・ジビエを食べること

 

そして、機音(はたおと)が響く町で暮らすこと

 

丹後の魅力を織物職人のフィールドを通して体感するプログラムを用意しました

ABOUT PARANOMAD

2015年、京都府与謝野町にデザインスタジオ「PARANOMAD(パラノマド)」を設立

 

織物産地の環境を生かし機屋(はたや)の高品質な生地から仕立てる

 

フルオーダーカーテンの制作を開始しました

 

2017年には織組織(おりそしき)から設計するテキスタイル「ひときれ」をリリース

 

インテリアコーディネーターとして100邸以上を手がけた経験も合わせ

 

暮らしを豊かにするフルオーダーテキスタイルを提案しています

 

産地での活動はライター業・織物体験プログラムの企画運営にも展開

 

テキスタイルに触れる日々を丹後で送っています

 

 

 

 

PARANOMAD(パラノマド)

 

私自身のニックネーム「パラ」と「窓」を組み合わせて屋号にしました

 

生み出したテキスタイルが暮らしに長く寄りそう存在となり

 

人生を一緒に旅するようにと願い「nomad(ノマド)=遊牧民」とも掛け合わせています